プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

美味しいものが大好き
美味しいもの探検隊
隊員として美味しいものを求めて
日夜飛び回っています
そして日々の出来事を
チョッと書いています

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月22日 (木)

H28/12/22今週のおすすめ「根菜のかき揚げ」

根菜のかき揚げ

Spb171652

大根・人参・牛蒡・蓮根・薩摩芋

根菜を集めてかき揚げにしました

なんとサキイカが隠し味です

 

根菜は、冬が旬であるものが多いのが特徴です。

水分が少なく、ビタミンC、Eや鉄などを

はじめとするミネラルを多く含むものが

多いためだと考えられています。

また、根菜はスープや煮物など温かい料理で

食べることがほとんどであることも、

体を温めることに繋がっていると考えられています。

 

2016年12月15日 (木)

H28/12/15 今週のおすすめ「竹輪ポテサラ天」

竹輪ポテサラ天

Spb171646

竹輪にウマウマポテトサラダを詰めて

天麩羅にしました。

ビールにも日本酒にも合う一品です

 

鉾の先に魚肉をつぶしたものを塗りつけ、

焼いて食べたという伝説があります。

この食べ物が蒲の穂によく似ているところから、

「蒲穂子」と呼ばれ、「蒲鉾(かまぼこ)」に

転じたといわれています。

ところが、蒲の穂の姿は現在のちくわとそっくり。

その昔、「蒲鉾」といわれていたものが、

ちくわの始まりだったということなのです

昔は、大名、旗本しか食べられないほど高級品だった蒲鉾も、

江戸時代中期以降には、武士、商人、町人へと順次広まっていきました。

幕末になると下級武士は貧しくなり、

旅先等では蒲鉾が食べられなくなりました。

一方、商人は金持ちになり、

蒲鉾ばかりか贅沢な食事をするまでになっていました。

そんな商人たちを見て、

「下級人の分際で、武士の魂である鉾を食べるとは、何ごとぞ」と

嫌がらせを言う武士がいたのだそうです。

そこで、庶民は、武士に気兼ねして、

蒲鉾と呼ばれていたちくわの切り口が

竹の様であるところから、竹輪と書き、

武士にはわからない隠語としてちくわと名づけました。

いつしかちくわの方が、昔からの正式の呼び名のように定着し、

板に付け蒸した板付蒲鉾が蒲鉾と呼ばれるようになったのです。

 

2016年12月 8日 (木)

H28/12/8今週のおすすめ「豆腐の西京味噌漬」

豆腐の西京味噌漬

Spb171685

西京味噌の旨みが

じっくりしみ込んだお豆腐です

日本酒好きにはたまらない酒肴です

 

豆腐がクリームチーズのような

まろやかな舌触りです

乳製品がNGな方

チーズの代わりにどうぞ

2016年12月 1日 (木)

平成28年12月コース料理

師走のコース料理

2名様よりご予約承ります

おひとり様2570円 

テーマ:師走

最近はお正月の準備にそこまで時間を

掛ける事が少なくなりました

なぜか、文字通り心を亡くし、忙しく感じる年末です

そんな皆さんに一息ついていただこうと考えた

メニューです

 

師走の語源には

「師匠の僧がお経をあげるために、

東西を馳せる月=師馳す(しはす)」

「年が果てる=年果つ(としはつ)」

「四季の果てる=四極(しはつ)」

「一年の最後になし終える=為果つ(しはつ)」

などがあります

Spb161632_2

先付 五種盛

・鶏もも肉の照り焼き・魚団子のうに風味焼き

・豆腐の西京味噌漬 ・干しエビの塩ケーキ ・柿なます

造り 本日見つけた最高の食材を自信を持ってご提供いたします

焼物 たらの黄金焼き

煮物 巾着ロールキャベツ風

揚物 竹輪ポテサラ天・根菜のかき揚げ

飯物 和焼きそば

甘味 焼リンゴバニラアイス添え

 

H28/12/1 今週のおすすめ「柿なます」

柿なます

Spb171679

柿の甘味が嬉しいアクセントになっています。

さっぱりしていますので 箸休めにも

お酒を召し上がる方にも喜ばれます

 

大根と人参で作る酢の物に

柿を加えたもので奈良県の郷土料理

なますに柿を入れるのは、砂糖の代用です

柿の甘み、旨味が加わることで、

通常の酢の物とはちょっと違った酢のものです

また、美味しい上に食物繊維もたくさん摂れます。

 

酒笑肴笑 いち味 京橋店 のサービス一覧

酒笑肴笑 いち味 京橋店