プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

美味しいものが大好き
美味しいもの探検隊
隊員として美味しいものを求めて
日夜飛び回っています
そして日々の出来事を
チョッと書いています

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

H30/3/1 今週のおすすめ「じゃがもち田楽」

じゃがもち田楽

P2155634

ほくほくのジャガイモ餅の上に

ふき味噌と辛子味噌の

二種類トッピング お酒がすすむ一品です

 

じゃがいもは、芋類の中では

ビタミンC、葉酸、カリウムなどを

豊富に含んでいて味も淡白なため、

主食としても用いられています。

又、じゃがいもはアルカリ性の食べ物です。

全体を100とすると、

水分が80、栄養分が20の割合になります。

2018年2月26日 (月)

平成30年3月コース料理

弥生のコース料理

2名様よりご予約承ります

おひとり様2570円 

 

テーマ:「ひなまつり」

ひなまつりは女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。

ひな人形を飾り、桃の花を飾って、雛あられや菱餅を供える。

この料理を食べて健やかな一年をお過ごしください

そんな思いを込め考えました

P2155617

前菜 五種盛

・じゃがもち田楽 ・きつねチーズサンド ・三色蒸しかまぼこ

・菜の花とわかめのごま酢和え ・しっとり胸肉の梅ソース

造り その日入った新鮮な魚をご提供させていただきます

焼物 鶏ももの酒粕味噌焼

煮物 豚バラの角煮風

揚物 海老の柿ピー揚げ 凍りこんにゃくの唐揚げ

飯物 ごろっと野菜の明太あん丼

甘味 フルーツの牛皮あん巻

 

2018年2月22日 (木)

H30/2/22今週のおすすめ「鶏つくねの湯葉巻き揚げ」

鶏つくねの湯葉巻き揚げ

P1255424

旨味たっぷりの鶏つくねを贅沢に

大葉と湯葉で包んで揚げました

ビールにも日本酒にも合う一品です

 

つくねとつみれの違いは何だと思いますか

具材の違いではなく、作り方で分類されています。

つくねの語源となっているのは「つくねる」という動詞で、

これは手でこねて丸めるという意味。

つみれは「つみいれる」という動詞が語源です。

ひき肉やすり身を手でこねて

よく混ぜるのはつくねと同じですが、

生地のかたまりから手やスプーンなどで

一口大の大きさにつみ取って、

そのまま煮汁や鍋に入れて調理します。

2018年2月13日 (火)

H30/2/15今週のおすすめ「卯の花豚包み揚げ」

卯の花豚包み揚げ

P1255406

しっかりした味の卯の花を

豚肉で包んで揚げました

懐かしいような

新しいような味わいです

 

「おから」は(御+カラ)で大豆の絞りかすを

丁寧に言った言葉です

「から」の語は空(から)に通じるとして忌避され

白いことから卯の花、

包丁で切らずに食べられるところから

雪花菜(きらず)などと呼ばれています。

又、寄席の世界では炒り付けるように

料理することから「おおいり」(大入り) と

呼ばれています

2018年2月 6日 (火)

H30/2/8 今週のおすすめ「野菜入りすり身揚げ」

野菜入りすり身揚げ

P1255391

かぼちゃや根菜の入ったすり身揚げ

ふわふわで旨味の隠し味は酒粕です

 

すり身揚げの代表選手といえばご存知「さつま揚げ」です

1864年頃、鹿児島に沖縄の「チキアギ」という

魚肉のすり身を澱粉と混ぜて油で揚げたものが伝わりました

いつしかそれがなまって「ツケアゲ」になったと言われています

この「つけあげ」が串木野を中心に鹿児島県内で

多く製造されるようになり、関東では「さつまあげ」

関西では「てんぷら」と呼ばれています。

 

2018年2月 1日 (木)

H30/2/1 今週のおすすめ「蓮根大根餅」

蓮根大根餅

P1255413

蓮根のフワッとモチモチ食感を

楽しんでいただけるお餅に仕上げました

細ぎり大根を混ぜましたので歯触りもよく

ベーコンの旨味がアクセントになっています

 

土の中にできる野菜=根菜類、

冬が旬であるものが多いです

根菜類になぜ体を温める作用があるかというと、

それは水分が少なく、ビタミンC、Eや

鉄などをはじめとするミネラルを多く含むものが

多いためだと考えられています。

酒笑肴笑 いち味 京橋店 のサービス一覧

酒笑肴笑 いち味 京橋店